最低賃金生活は2009/02/01~2009/02/28までです 2009・5・25携帯水没しました。お知り合いの方はメアドと携帯番号をよろしくお願いします。
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/20
ノーベル平和賞2009年
少し昔の話ですが今年のノーベル平和賞は、アメリカのオバマ大統領に決まった。核兵器廃絶や軍縮の動きに重要な貢献をしたことが受賞理由らしい。
4月5日、チェコ・プラハで「アメリカは核兵器のない平和で安全な世界を追求する」、「われわれは主張しなければなりません、『Yes, we can.』と」と述べた。

オバマの発言を契機にして、NPT再検討会議の日程が決まりロシアとアメリカでは核兵器保有数を3000以下(?だったっけ?)にするという条約を作ろうと働きかけたりして、核問題が進展したのは事実だし。

この核兵器廃絶の流れは、オバマ大統領だけで作り出したものではないと思います。
スティーブン・オカザキ監督が『ヒロシマ・ナガサキ』をアメリカで発表したのも、メキシコや南アフリカなどの、親米の国々がアメリカに対してきちんと発言したのも大きかったと思う。

そして、1番大きな影響をオバマに与えたのは、やっぱり被爆者の方々だと思う。

オバマ大統領の育ったハワイは広島からの移民が多く、オバマ大統領の近所や同級生に被爆者がいて小さいときから被爆体険を聞いて育ったらしい。

被爆者が幼いオバマ大統領に辛い被爆体険を聞かせたからことがオバマ大統領の核戦略に少なくない影響を与えていると思う
個人的には被爆者とオバマ大統領に平和賞を受賞して欲しかった。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 カゲ日向に茶く.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。